• Shin Sawano | 澤野新一朗

日の出に、”和音”が聴こえた‼

Updated: Jun 3



某出版社の仕事で、日本国内を取材中、日の出を撮影する機会が度々ありました。

 



その一つ、確か鹿児島県出水(いずみ)市の1万羽の鶴の撮影に出かけた時の話です。


ここは、日本一鶴が飛来する場所として有名です。

 




まだ朝日が出ていない薄暗い早朝、撮影のため鶴が集まっている田園地帯に

待機している時のことです。


だんだんと東の空が明るくなりだし、日の出の十数分前でしょうか、


数千羽もの鶴が静かにしかも一斉に飛び立ち、


グルっと数回空を旋回してから再び田んぼに着地しました。





そして辺りは前と同じ静けさに戻りました。


 




  それから数分後、地平線から太陽が顔を出し始めました。

 




その時です。





カメラのファインダーを覗いたり、肉眼で太陽を見たりと撮影に集中している最中に、

和音を感じたんです。





そう、日の出に”和音”を‼




なんともいえない透明感のある音。



耳で聴こえる音ではなくて、、、。







人に話して、「どんな和音?」と聞かれて、

キーボードに向かって試して音を出してみても、



あの時に感じた音は再現できませんでした。




それから月日が経って、6,7年前でしょうか、


京都大学の隣に吉田山神社という由緒ある神社があるんですが、


そこで開催された京都大茶会に参加した時です。




オープンの前に神前への奉納の儀が催され臨席しました。



そこでナマの笙の演奏を聴いたんです。



「アッ、これに近い。この和音、似てる!!」




って、あの日の出を見たときの感覚がフラッシュバックしました。





「音」という字は、「日が立つ」って書きますよね⁈ 


古代の人は知っていた、


否、感じていたんでしょう。


↓のYouTubeチャンネルを訪れてみてください。

スコットランドの古代遺跡を撮影した時に、 満月の真夜中に浜辺で録音した、

高周波 ”シュワシュワxピチピチ音” を楽しんでください。 チャンネル登録をお願いします。 新しいお知らせが届きます。

https://youtu.be/39tunJq_66s

Copyright©1996-2020 Shin-ichiro Sawano All rights reserved. 

No part of this site may be reproduced without the prior permission in writing of the copyright owner.